彼はそのコを男だと知らずについにそのコの部屋に行ってしまった。

部屋に行くということはもちろんそういうことをすることになる。そのコが服を脱いだとき、A君はぶったまげたらしい。下半身が完全に男だったのだ。彼はそれを見るなり、急いで逃げた。その話を私は次の日に聞かされた。ほんと、ばかだな~日本人の男は・・・と思った。しかしそのコに喰われなくてよかったねと声をかけた。そのコとカオサンを歩いているといきなり彼は後ろから何者かにボコボコにされた。昨日のオカマちゃんである。ここからおそろしいオカマちゃんの復讐が始まるのだった。